200/2 ストライプ

2020.4.29

シルクのような肌触りの200/2の生地は、非常に高い品質の厳選された原綿からしか作ることができません。そのため流通する量も非常に少なくなっています。
高価なこともありこれまでは主にピスポークや一部のハイブランドでしか使われていませんでしたでしたが、今では生地の品質に注目した一部のブランドでも取り扱われるようになりました。
この生地は極細の*¹超長綿、*²サイロスパン*³コンパクト糸を高密度に織ることで実現した、織物でありながらペンを引いたような綺麗なストライプに仕上がっています。

*¹ -超長綿-
繊維の長さが35mm以上の長い綿のこと。
綿花の繊維は長さが長いほど細く強度も高くなるため、肌ざわりがよく丈夫な糸になる。

*² -サイロスパン-
双糸の精紡と撚糸を一連の流れで同時に行う技術で、特に細番手の糸の紡績に適している。
薄くてしなやかな肌触りと光沢が特徴。

*³ -コンパクト糸-
紡績の際に通常出てくる“毛羽”を内側に織り込むことで各段に毛羽が少なくなり光沢のあるきれいな表面に仕上がる。

一覧ページに戻る