MATERIALS

100/2 クラシカルチェック

一般的にカジュアルなイメージをもつチェック柄ですが、英国発祥の古い歴史のあるチェックは上質な材料で作ることで、品のあるフォーマルな装いをみせます。 
このブラックウォッチ、ドレスゴードン、グレンチェックは*¹超長綿コンパクト糸をタテとヨコの密度のバランスに気をつけて織りあげてきれいな見た目と、仕上げの*²液体アンモニア加工でソフトで滑らかなタッチの素材に仕上がっています。

*¹ -コンパクト糸-
紡績の際に通常出てくる“毛羽”を内側に織り込むことで各段に毛羽が少なくなり光沢のあるきれいな表面に仕上がる。

*² ‐液体アンモニア加工-
糸の繊維を整える事で、膨らみや綿の持つ柔らかい風合いを引き出してくれる。

120/2+60/2 シアサッカー

昔ながらの機能素材、太さの違うタテ糸を縞状にしじら織りという特殊な織り方によりできるポコポコとした凹凸の「しぼ」は薄手で肌に触れる面積が少なくサラッとした質感の生地で汗ばむ夏に快適に着れます。 この不規則な縞によってシワが目立たずアイロンがけの必要がないため、お手入れの手間も省けます。
糸は*¹新疆綿120/2を使い一見カジュアルですが上質な仕上がりは見た目も涼しく、コットン100%の自然素材ながらも爽やかで清涼感のある心地よい生地です。

*¹ -新疆綿-
世界三大高級綿のひとつ。
繊維長が長く油分が多く含まれている為、柔らかく光沢があり滑らかな最高の品質を持つ。

60/2 OXFORD

アメリカのクラシックブランドの最も代表的なシャツと言えば「OXFORD」のボタンダウンでしょう。
やや厚みがあり丈夫ながらも通気性に優れた斜子織りの生地です。
一般的にタテ#40単糸、ヨコ#12単糸や#20双糸の仕様が多いところ、「タテ#60双糸・ヨコ#40三子糸」にすることで生地に膨らみや適度な光沢を持たせます。
また、着用による毛羽立ちも少なく繰返し洗濯することで体に馴染み着心地の良い風合いになってきます。
あえて余計な加工は使わず、糸本来の特性を生かしたソフトな仕上げにしてあります。

100/2 ロンドンストライプ

通称ロンストと呼ばれていてドレス、カジュアルとシーンを選ばず幅広く使えます。
この生地は一般的なストライプに比べタテ糸本数を2割ほど多くすることで高級イタリア生地のようなはっきりとした美しいラインに仕上がっております。
また、原料は*¹新彊綿*²コンパクト糸を使用し*³液体アンモニア加工を施すことで、発色や光沢も良くなめらかな風合いのハイクオリティなロンドンストライプとなっております。

*¹ -新疆綿-
世界三大高級綿のひとつ。
繊維長が長く油分が多く含まれている為、 柔らかく光沢があり滑らかな最高の品質を持つ。

*² -コンパクト糸-
紡績の際に通常出てくる“毛羽”を内側に織り込むことで各段に毛羽が少なくなり光沢のあるきれいな表面に仕上がる。

*³ ‐液体アンモニア加工-
糸の繊維を整える事で、膨らみや綿の持つ柔らかい風合いを引き出してくれる。

100/2 ブロード

ドレスシャツ向け生地としては最も定番的な平織りの素材です。
シャツにした時にプレスして綺麗に着用したり、 洗いざらしでも品のいいシワ感とツヤが特徴。                                 
タテヨコともに通常のブロードよりほんの少し打込み本数を増やすことで 薄手ながらも程よい“ハリ”が生まれます。
また、原料も*¹新疆綿*²コンパクト糸を使用しており、上質な光沢や風合いを持つブロードです。

*¹ -新疆綿-
世界三大高級綿のひとつ。
繊維長が長く油分が多く含まれている為、柔らかく光沢があり滑らかな最高の品質を持つ。

*² -コンパクト糸-
紡績の際に通常出てくる“毛羽”を内側に織り込むことで各段に毛羽が少なくなり光沢のあるきれいな表面に仕上がる。