50/1 コットンウールボイル

2020.6.2

シャツの生地でウールを使うときはネル起毛などふんわりした素材が一般的ですが、 この生地はスーツ素材をそのまま薄くしたようなさらりとしたハリのある風合いが特徴です。
コットンウールと*¹ボイルの組み合わせはこれまであまり無い組み合わせで、シャツをジャケットのように着こなすようになってきた今の時代ならではの生地なのではないでしょうか。

*¹ -ボイル撚り/強撚糸-
撚糸(糸をねじり合わせる)工程で糸の撚り回数を多くすることで“ハリ”があり“ドライタッチ”な糸になる

一覧ページに戻る